千葉県電業協会 | 電業 | 電気工事

 

分離発注

   
 設備工事は専門の技術者を抱えた、豊富な経験を持った専門工事業者の手によって行われなければなりません。現実に、すべての設備工事は専門の設備業者の手によって責任施工されています。たとえ建築主が建築業者に一切をまとめて発注されても、実際には設備工事は常に専門の設備業者の手によって責任施工されているのが実状です。しかもそれは他の専門職種のように、建物の一部を担当しているものとは違い、建築構造体と分流したシステムのもとに設備を統括して責任施工しているのです。
 発注者の皆様にとって何よりの関心事は、自分の希望する建物をできるだけ少ない費用で、しかも質のよいものに仕上がることであると思います。そのためには設備工事を建築工事から切離し、設備業者に直接発注する「分離発注方式」を採れば解決できます。分離発注すれば次のようなメリットが得られます。

 

Good Communication

Good Communication
 
 建築主と設備業者とが直結するので、設備についての希望を直接伝えることができます。また、設備業者から専門的な意見を十分に聞くことができます。

 

High Quality

High Quality
 
 分離発注されると、設備業者は責任と誇りを持って工事ができる上に、先にも述べたとおり、総合発注の弊害が除かれるので無理なく良質の工事が期待できます。

 

Cost Down

Cost Down
 
 設備業者に直接発注されるので、中間マージンが省けます。最近では、設備工事費中に占める割合は非常に高くなって 40%〜50%に達するものも少なくありません。しかも、建設業者が設備業者から得ている中間マージンはかなりの金額です。言いかえれば、総合発注方式のために、建築主はマージン負担をしているという訳です。

 

After Service

After Service
 
   設備は、常に活動しているものですから、故障や事故も起こりやすく、しかもそれに対しては正確で迅速な処理をしなければなりません。ところが、そうしたアフターケアは建築業者がするものではありません。実際に工事を行った設備業者がするものです。
 建築主と設備業者とが直結していることがいかに大切かおわかりいただけると思います。
 
 私たちの願いは安全で質の良い設備工事を施工することにあります。今後ますます重要性を増していく設備工事を、合理的な分離発注方式により発注されますようお願い申し上げます。

<<一般社団法人千葉県電業協会>> 〒260-0024 千葉県千葉市中央区中央港1-13-1千葉県建設業センター3F TEL:043-246-7381 FAX:043-246-7370